投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 自作デカールとカッティングマシン(125)
  2. 民間機大好き!(286)
  3. 月例会情報(219)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


1/72 Fw190A-8

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2019年 6月21日(金)19時40分41秒
返信・引用
   H社とエデュアルドのA-8が3機完成しました。グレイ系迷彩の胴体に大きく蛇が描かれているのは、JGr.10に所属していた機体です。同じ部隊で蛇が描かれたA-7の機体については詳細が分かっていますが、A-8の赤11は詳細が不明なので標準的な武装状態にしてあります。
 白6は大戦末期迷彩(RLM76/75/82)の7/JG300の所属機です。エデュアルド製の黒の10も大戦末期迷彩(RLM76緑系/81/82)の1/JG11の所属機です。緑系のRLM76はMA社のエアクラフト・リアルカラーを参考にした結果、クレオス128をビン生で使用しています。
 

Re: 「ヒコーキ大好きオジサンの掘り出し市」

 投稿者:怪鳥  投稿日:2019年 6月20日(木)23時39分28秒
返信・引用
  > No.10020[元記事へ]

まさやんさんへのお返事です。

23日は3時から池袋で激作展幹事会があるのでその前に寄ってみます。
 

Re: 「ヒコーキ大好きオジサンの掘り出し市」

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 6月20日(木)21時24分10秒
返信・引用
  まさやんさんへのお返事です。

>まさやんさん、

23日の昼頃にお邪魔させていただきます。


> お隣から失礼します。
> 今週末から航空ジャーナリスト協会が毎年行っている展示会(6月23日(日)~29日(土))が有楽町で始まります。
> 初日の日曜日も10時からとなっていますが、展示準備がありますので12時くらいにおいでいただけると助かります。
>
> 今年は絵やイラストが中心となっていて、世傑表紙の佐竹氏、昨年亡くなられた下田氏、航空機図面の鈴木氏、CGイラストの永井氏、水彩画の帆足氏等の作品が並びます。
>
> モデルの方は、松戸迷才会とTSMC有志の方々の作品が出品される予定です。
> 勿論、今年も会員メンバーからの放出品もございます。
>
> そんな中、私も何点か出展させていただけることになりました。
>
> 右がF25号(803×652)で新作。
> 左がF15号(652×530)でストール40周年でも展示した旧作ですが、今回の展示会にあわせ、加筆してあります。
>
> 期間中は毎日出ておりますので、お時間がございましたら是非おいでいただけると幸いです。
>
 

「ヒコーキ大好きオジサンの掘り出し市」

 投稿者:まさやん  投稿日:2019年 6月20日(木)09時56分43秒
返信・引用
  お隣から失礼します。
今週末から航空ジャーナリスト協会が毎年行っている展示会(6月23日(日)~29日(土))が有楽町で始まります。
初日の日曜日も10時からとなっていますが、展示準備がありますので12時くらいにおいでいただけると助かります。

今年は絵やイラストが中心となっていて、世傑表紙の佐竹氏、昨年亡くなられた下田氏、航空機図面の鈴木氏、CGイラストの永井氏、水彩画の帆足氏等の作品が並びます。

モデルの方は、松戸迷才会とTSMC有志の方々の作品が出品される予定です。
勿論、今年も会員メンバーからの放出品もございます。

そんな中、私も何点か出展させていただけることになりました。

右がF25号(803×652)で新作。
左がF15号(652×530)でストール40周年でも展示した旧作ですが、今回の展示会にあわせ、加筆してあります。

期間中は毎日出ておりますので、お時間がございましたら是非おいでいただけると幸いです。
 

八月例会場所の報告

 投稿者:コニー爺  投稿日:2019年 6月18日(火)10時54分39秒
返信・引用
  八月十七日(土)、千駄ヶ谷区民会館一階一号会議室が夜間枠で取れました。
展示会も、もうすぐです奮って参加を。
七月例会は七月二十七日で、場所は一階の和室一号、二号です。
お間違い無きよう。
 

申し訳ありません、訂正です。

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2019年 6月16日(日)02時29分17秒
返信・引用
  次のJ-3に掛けられる時間は3ヶ月「半」ではなく「弱」でした。願望が出てしまいました(笑)。失礼しました。  

作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2019年 6月15日(土)23時21分34秒
返信・引用
   こんばんは、クレイジー・ユンカースです。月半ばです。
 Ju388の3番機、Ju388J-0は苦戦しています。コクピットの基本作業を終え、やっと今日、ドイツ夜戦の定番色RLM76を吹き始めました。まだまだ先は長いですが、機首の丸みにうっとりです(笑)。翼はまだ差し込んであるだけです。

 しかし、これでヘリテイジ・アビエーション5番機を作る線は消えました。どころか、4番機、Ju388J-3ネズミノーズの完成さえ危ぶまれる状況になって来ました。というのは、この3番機J-0を作り始めたのは3月ですから既に四ヶ月かかっています。仮にこのJ-0が6月末に完成したとして、次のJ-3に掛けられる時間は3ヶ月半。夏休みがあるといってもちょっと苦しい。それにもうひとつの問題はヘリテイジ・アビエーションのキットです。このJu388の流れの中で作りたいのですが、では一体いつ作るのか?

 と考えて来ると、ここは構想を大幅に後退させて、次回大激作展には①Ju388L-1(今度は部隊コードレターをまとって飛行します)、②Ju388K-1(今度はスッピンではありません。コードレターがちゃんと付いています)、③Ju388J-0(目下製作中)、そして次次回に4番機J-3とヘリテイジの5番機とさせて頂くのが超・現実的か、とも思えて来ます。
 ただこれですと、次回は要するに前回のJu188D-2がJu388J-0に代わっただけ、ということになりちょっと冴えない。うーん、ここはやはり最低、異類異形のJ-3ネズミノーズを含めた4機は欲しいです。しかしそうするとヘリテイジは?と元に戻ります(笑)。
 尚、目下のところ次次回は、Ju488V401やV403をお願いしたいと思っております。72のレジンキット多数がお待ちかねです(笑)。

 というわけで要は3番機J-0がいつ出来上がるかです。4番機J-3の部品も一部を併せて製作済みなので、作り上げるんだ、絶対に!
 

展示会情報

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2019年 6月15日(土)23時10分43秒
返信・引用
  一昨年から見に行ってる 成田での展示会の案内状が届きました

「第3回 飛行機模型展 in 成田」 7/16~21 10:00~16:00
成田市上町500 ギャラリーなごみ なごみの米屋2F

成田のお寺観光のついでに立ち寄るとよろしいかと

 
 

1/72 Fw190A-3&6

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2019年 6月13日(木)20時04分27秒
返信・引用
   1/72のFw190が2機完成しました。T社のA-3はデンマークに駐留していた9/JG1の機体で、RLM74,75,76の標準迷彩に加え、胴体側面にRLM02をオーバースプレイしています。
 H社のA-6爆装型はロシア戦線で戦っていた3/JG51ランゲ少佐の乗機です。標準迷彩の上から白色塗料をスプレイした冬季バージョンの機体にしています。H社の胴体ラックはA-8用の懸架位置を20㎝前方に移したタイプなので、エデュアルドのA-7以前用のラックを使っています。
 

Re: (無題)

 投稿者:MSモデラー  投稿日:2019年 6月11日(火)17時59分23秒
返信・引用
  > No.10013[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。

> MSモデラーさま、
>
> ラダーペダルは練馬のカミナリ好きさんが答えてくれたのでワタシは座布団の方を。
> あれは単なるクッションです。


ご教示いただきありがとうございます。かなり目立つ色なので、いろいろと推理(邪推)をしてしまいました。

 

(無題)

 投稿者:怪鳥  投稿日:2019年 6月11日(火)12時27分40秒
返信・引用
  まさやんさま、

珍しい写真有難うございます。
羽田に来るの知ってて撮りに行ったんですか?さすが現役カメラ小僧ですね。
USCG時代の写真は何枚も見つかりましたが、NASA Langleyのは同じ日に撮られた反対側の写真がAirliners Netに1枚載ってただけ、確かに超激レアですね。
NASAのサイトも覗いてみましたが、小さな写真1枚のみで機種名もHU-25AとHU-25Cの二通り使われていますが、これは時期の違いなのでしょうか?



ペガさま、

タミスピ製作始まりましたね、早速拝見しました。
楕円防弾板はエース本の紙版も確認してみましたが、そのようには見えませんでした・・・
また、何か見つけたらご報告しますね。



MSモデラーさま、

ラダーペダルは練馬のカミナリ好きさんが答えてくれたのでワタシは座布団の方を。
あれは単なるクッションです。
 

塗装は難しい!

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 6月10日(月)22時17分43秒
返信・引用
  リピッシュもなんちゃって塗装でほぼ、完成ということにします。
リピッシュも小さいけど・・・。
デカールを貼るのは難しいです。
モーブのデカールには1993年6月の文字が読めます。バラバラになって涙です。
 

Re: マローダーの疑問

 投稿者:MSモデラー  投稿日:2019年 6月10日(月)17時54分53秒
返信・引用
  > No.10010[元記事へ]

練馬のカミナリ好きさんへのお返事です。

> MSモデラーさんへのお返事です。
>
> 隣の芝生(Stall)から失礼します。
>
> 暗号解読は得意では有りませんが、こちらのサイトで判ると思います。
>
> http://oldafsarge.blogspot.com/2014/03/the-friday-flyby-28-march.html
>


早速教えていただきありがとうございます。 なるほど!!通行の邪魔にならないよう折り畳み式になっていたのですね。
よく見れば、折りたたんだ状態が確認できますね。




> > 怪鳥さん始め、物知りの方々がたくさんいらっしゃるので、教えていただきたくお願いいたします。
> >
> > 下記のリンクでB-26マローダーのコクピット内部を上下、左右、上下の全周をマウス操作で見ることが出来るのですが、操縦席座面の黄色いクッション状の物は何でしょうか?
> > パラシュート?、サバイバルキット?、それとも単なるクッションなのでしょうか。
> >
> > それと、副操縦席にはコントロールスティックはありますがラダーペダルはありません。戦闘中に機長がもし操縦不可に陥った場合には
> > 即、操縦を交代するのでしょうが、ラダー操作はどうするのでしょう?
> >
> > https://www.facebook.com/Cockpit360/photos/bc.AbpSZxeU-IXcAP71VwyBb4AmE02UdgL51AGSsvsklA4hWVn9IWMyJXmybW_R8v39LS2xb3NcMhX37PaX3H3WjnZvK6yCjV0KIMj1GUU_W_s0Fcu9eUoEdZyRvowGO_I5gkRUNPmJKXbB29YUD-LJMuF-/1100101566791373/?type=1&opaqueCursor=AbpPk3xuP1DUVfoiebIkVdzz99LPYHy85Sr9jAESbK5OY5D-HLfILNqKhTN9FGBjIUV02ayB0WnMFRtjVTZ0aJKi0xsRVGjnZ1kpsqynlxgF2Xv6mFFrJbpeCx2ctCz5sS3xMM4qxbgpjSsJi_QG6OhYTyp1Eix0FGrGoDqv681wrSzUnNe-gsZtb76hFljhJ8682QRPBtqkza95n6PsqD1pbvw0ONgBL-9I2VSG4dnrHM1C-fJzxKosnLLFLaXcJqj_zTjPkSYBMoGpegqENOMzf6_5BfTYnSN_39VjW3O_Q9pJAUUmdQe1S-_-XjOAw_HzMrE3HEtE_BlQSdmGfAXE2KCvWX0xjnuvSFmnwkEwyzrhTMODSi4IaafEUfsIlpcURb6Apy-30jIPS2DCyWcSWyTqMYMDVDH4Vr78NOMR8v4_ZWr_WXe6ZRqMHMp-ooOFMsFQuWReZSuV1oMeDipAGYeGm6hDpqZ8MxYOKo3iAH8v4ReQ5pIHEeOasYHKDr7FnAtrbEBYmGRgAP1ZTLZK&theater
 

Re: マローダーの疑問

 投稿者:練馬のカミナリ好き  投稿日:2019年 6月10日(月)17時03分32秒
返信・引用
  > No.10009[元記事へ]

MSモデラーさんへのお返事です。

隣の芝生(Stall)から失礼します。

暗号解読は得意では有りませんが、こちらのサイトで判ると思います。

http://oldafsarge.blogspot.com/2014/03/the-friday-flyby-28-march.html

> 怪鳥さん始め、物知りの方々がたくさんいらっしゃるので、教えていただきたくお願いいたします。
>
> 下記のリンクでB-26マローダーのコクピット内部を上下、左右、上下の全周をマウス操作で見ることが出来るのですが、操縦席座面の黄色いクッション状の物は何でしょうか?
> パラシュート?、サバイバルキット?、それとも単なるクッションなのでしょうか。
>
> それと、副操縦席にはコントロールスティックはありますがラダーペダルはありません。戦闘中に機長がもし操縦不可に陥った場合には
> 即、操縦を交代するのでしょうが、ラダー操作はどうするのでしょう?
>
> https://www.facebook.com/Cockpit360/photos/bc.AbpSZxeU-IXcAP71VwyBb4AmE02UdgL51AGSsvsklA4hWVn9IWMyJXmybW_R8v39LS2xb3NcMhX37PaX3H3WjnZvK6yCjV0KIMj1GUU_W_s0Fcu9eUoEdZyRvowGO_I5gkRUNPmJKXbB29YUD-LJMuF-/1100101566791373/?type=1&opaqueCursor=AbpPk3xuP1DUVfoiebIkVdzz99LPYHy85Sr9jAESbK5OY5D-HLfILNqKhTN9FGBjIUV02ayB0WnMFRtjVTZ0aJKi0xsRVGjnZ1kpsqynlxgF2Xv6mFFrJbpeCx2ctCz5sS3xMM4qxbgpjSsJi_QG6OhYTyp1Eix0FGrGoDqv681wrSzUnNe-gsZtb76hFljhJ8682QRPBtqkza95n6PsqD1pbvw0ONgBL-9I2VSG4dnrHM1C-fJzxKosnLLFLaXcJqj_zTjPkSYBMoGpegqENOMzf6_5BfTYnSN_39VjW3O_Q9pJAUUmdQe1S-_-XjOAw_HzMrE3HEtE_BlQSdmGfAXE2KCvWX0xjnuvSFmnwkEwyzrhTMODSi4IaafEUfsIlpcURb6Apy-30jIPS2DCyWcSWyTqMYMDVDH4Vr78NOMR8v4_ZWr_WXe6ZRqMHMp-ooOFMsFQuWReZSuV1oMeDipAGYeGm6hDpqZ8MxYOKo3iAH8v4ReQ5pIHEeOasYHKDr7FnAtrbEBYmGRgAP1ZTLZK&theater
 

マローダーの疑問

 投稿者:MSモデラー  投稿日:2019年 6月10日(月)15時00分29秒
返信・引用 編集済
  怪鳥さん始め、物知りの方々がたくさんいらっしゃるので、教えていただきたくお願いいたします。

下記のリンクでB-26マローダーのコクピット内部を上下、左右、上下の全周をマウス操作で見ることが出来るのですが、操縦席座面の黄色いクッション状の物は何でしょうか?
パラシュート?、サバイバルキット?、それとも単なるクッションなのでしょうか。

それと、副操縦席にはコントロールスティックはありますがラダーペダルはありません。戦闘中に機長がもし操縦不可に陥った場合には
即、操縦を交代するのでしょうが、ラダー操作はどうするのでしょう?

https://www.facebook.com/Cockpit360/photos/bc.AbpSZxeU-IXcAP71VwyBb4AmE02UdgL51AGSsvsklA4hWVn9IWMyJXmybW_R8v39LS2xb3NcMhX37PaX3H3WjnZvK6yCjV0KIMj1GUU_W_s0Fcu9eUoEdZyRvowGO_I5gkRUNPmJKXbB29YUD-LJMuF-/1100101566791373/?type=1&opaqueCursor=AbpPk3xuP1DUVfoiebIkVdzz99LPYHy85Sr9jAESbK5OY5D-HLfILNqKhTN9FGBjIUV02ayB0WnMFRtjVTZ0aJKi0xsRVGjnZ1kpsqynlxgF2Xv6mFFrJbpeCx2ctCz5sS3xMM4qxbgpjSsJi_QG6OhYTyp1Eix0FGrGoDqv681wrSzUnNe-gsZtb76hFljhJ8682QRPBtqkza95n6PsqD1pbvw0ONgBL-9I2VSG4dnrHM1C-fJzxKosnLLFLaXcJqj_zTjPkSYBMoGpegqENOMzf6_5BfTYnSN_39VjW3O_Q9pJAUUmdQe1S-_-XjOAw_HzMrE3HEtE_BlQSdmGfAXE2KCvWX0xjnuvSFmnwkEwyzrhTMODSi4IaafEUfsIlpcURb6Apy-30jIPS2DCyWcSWyTqMYMDVDH4Vr78NOMR8v4_ZWr_WXe6ZRqMHMp-ooOFMsFQuWReZSuV1oMeDipAGYeGm6hDpqZ8MxYOKo3iAH8v4ReQ5pIHEeOasYHKDr7FnAtrbEBYmGRgAP1ZTLZK&theater
 

Re: NASAのファルコン(2019.6.8)

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 6月 9日(日)23時35分47秒
返信・引用
  > No.10006[元記事へ]

まさやんさんへのお返事です。


>まさやんさん、

貴重な写真ありがとうございます。
モデラーとしては反対側の写真が欲しくなってしまいますね。
これからも時々、素晴らしい写真を載せてくださいな。


> 突然ですが、写真を載せてみないか?とのお誘いを受け熟慮の結果お邪魔させていただくことにしました。
> 機体は昨日(6月9日)飛来した、超激レアNASA仕様のファルコンHU-25A(N524NA)です。
> 千歳から雨が止んだばかりの羽田に到着した時のものです。
> スペースXで打ち上げられたロケットを観測するためにやってきました。
> その観測用の窓が上下に作られています。
> 元は沿岸警備隊の機体で、左側には捜索・監視用に作られた大きな窓があります。
> 1時間ちょっとステイしたあと、ロケット着水予定であるグアムに向かって飛び立っていきました。
>
 

Re: タミスピ

 投稿者:ペガ  投稿日:2019年 6月 9日(日)15時53分43秒
返信・引用
  > No.10005[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。


> エース本の防弾板はこれと同じタイプですかね?
>

いや、頭部だけの楕円形に見えませんか?
 

NASAのファルコン(2019.6.8)

 投稿者:まさやん  投稿日:2019年 6月 9日(日)11時18分0秒
返信・引用
  突然ですが、写真を載せてみないか?とのお誘いを受け熟慮の結果お邪魔させていただくことにしました。
機体は昨日(6月9日)飛来した、超激レアNASA仕様のファルコンHU-25A(N524NA)です。
千歳から雨が止んだばかりの羽田に到着した時のものです。
スペースXで打ち上げられたロケットを観測するためにやってきました。
その観測用の窓が上下に作られています。
元は沿岸警備隊の機体で、左側には捜索・監視用に作られた大きな窓があります。
1時間ちょっとステイしたあと、ロケット着水予定であるグアムに向かって飛び立っていきました。
 

Re: タミスピ

 投稿者:怪鳥  投稿日:2019年 6月 8日(土)17時27分46秒
返信・引用
  > No.10003[元記事へ]

ペガさんへのお返事です。


追加情報です。

まず、コクピットの選択パーツですが、A29の豆粒はリフレクター・ガンサイトの予備電球ですので塗装例Cに無しと言うのは?です。
A1の『く』字型レバーは脚作動用のハンドポンプレバーで I 型後期には廃止されていますので説明書指示通りで宜しいかと。

プラシートはブリット・モデラーのエドガー・ブルックスに拠ると、金属製を置き換えたのではなく二者択一だそうで、少なくとも1945年2月まではどちらも使われていたと書いています。
Modification 189 was "To introduce plastic seat as alternative design to assist production and provide alternative manufacture," and was requested from the Air Ministry in February, 1940, being cleared for use from 14-5-40. Note the use (twice) of the word "alternative." The plastic seat did not replace the metal seat, so any Spitfire could have had either type, and, even though removing the seat is a swine of a job (especially once armour was added,) a replacement could be of either type. As late as February 1945, mod 1117 was quoting "if pilot's seat is metal or plastic and has a wall thickness of less than .15". " I wouldn't place a bet on it, but I would not be surprised to find, given the dates, and their well-documented problems, that the initial idea was to supply plastic seats to Castle Bromwich, while Eastleigh, being geared up for metalworking, from the start, stayed with the metal seat. Of course, if that was the idea, the bombing of the Eastleigh works would have thrown the whole thing out of the window.

防弾板についてはAlfred PriceのThe Spitfire StoryのAppendix Cで N3171 は無し、BoBからIFFと防弾板導入となっています。
エース本の防弾板はこれと同じタイプですかね?
 

バーゲンのおかげ

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 6月 6日(木)14時31分10秒
返信・引用
  日曜に寄り道で代々木八幡の模型屋さんのバーゲンに行って、ツイツイ手を出してしまったバキュームキットのATL98カーベアをレベルのC54と2個1で作り始めてしまいました。
勢いで作るタイプの私なのでいつ蜜柑山に紛れ込むかわかりませんが、楽しんでます。
 

/388