<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 自作デカールとカッティングマシン(125)
  2. 民間機大好き!(286)
  3. 月例会情報(219)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 中川工場

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月25日(水)15時54分41秒
返信・引用
  > No.11000[元記事へ]

デラニさんへのお返事です。

> 掲示板の皆様、こんばんわ。デラニです。
>
> 怪鳥様
>
> 2度の延期を経て、本日無事に救難飛行艇の番組が放送されました。もしコピーが
> 必要ならダビングしてDVDディスクをご送付さしあげますよ。
> その際は僕のメールアドレスから@マークを2つ削ってご連絡をお願いしますね(^^ゞ。
>
> ではでは。

nabe3 さんからDVD 受け取りました。どうも有難うございます。
 

Re: 小激作展のYoutube動画

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 5月25日(水)13時00分54秒
返信・引用
  > No.11059[元記事へ]

nabe3さんへのお返事です。

ツインメッセに続き連日お疲れの処 動画作成有難うございます
参加遅れた分見逃し多く 画像で楽しめました

 

Re: 小激作展のYoutube動画

 投稿者:コニー爺  投稿日:2022年 5月25日(水)11時35分12秒
返信・引用
  > No.11059[元記事へ]

nabe3さんへのお返事です。

> 怪鳥の依頼により小激作展をビデオカメラで撮影し、Youtubeにアップしたのでご覧下さい。タイトルは『2022小激作展』ですから、このタイトルで検索できます。下に貼り付けたURLをクリックしても『たぶん』観られる『ハズ』です。
> 全体の長さを7分程度に短くしようと、かなり撮りまくった動画の一部しか使っておりません。一部会員には作品の解説をお願いしましたが、撮った動画をズタズタに切って、その一部しか使っておりませんことご容赦願います。また、『オレの作品が全然写ってない!』などとご立腹の会員もおられる事と思いますが、そこんトコロもご容赦ください。

早速、動画をアップしてくれてありがとうございました。シリーズ化されると良いのですが。 
 

小激作展のYoutube動画

 投稿者:nabe3メール  投稿日:2022年 5月24日(火)20時14分55秒
返信・引用
  怪鳥の依頼により小激作展をビデオカメラで撮影し、Youtubeにアップしたのでご覧下さい。タイトルは『2022小激作展』ですから、このタイトルで検索できます。下に貼り付けたURLをクリックしても『たぶん』観られる『ハズ』です。
全体の長さを7分程度に短くしようと、かなり撮りまくった動画の一部しか使っておりません。一部会員には作品の解説をお願いしましたが、撮った動画をズタズタに切って、その一部しか使っておりませんことご容赦願います。また、『オレの作品が全然写ってない!』などとご立腹の会員もおられる事と思いますが、そこんトコロもご容赦ください。

https://youtu.be/-cRD2OvTJNM

 

ありがとうございました。

 投稿者:うずまき  投稿日:2022年 5月24日(火)00時09分38秒
返信・引用
  昨日は展示参加させて頂き、ありがとうございました。

コロナ禍で製作された皆様の力作の完成度と展示数に圧倒されました。

久しぶりの模型談義でも、口ではなく手を動かす事の大事さを再確認でき、大変充実した一日でした。


秋の大激作展も楽しみにしております。


 

小激作展ご来場御礼

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月23日(月)23時33分19秒
返信・引用
  小激作展はお陰様で2日間無事に終えることが出来ました。
ご来場いただいた皆様、有難うございました。
また、今回も素晴らしい作品を展示してくれたゲストの皆様にも改めて御礼申し上げます。

盛況と言うほどではありませんでしたが、三密にならずじっくりと見て頂けたしゆっくりと模型談議も出来ましたので楽しんで頂けたのではと思っております。

10月には11階のギャラリーにて4クラブ合同の大激作展を開催しますのでご来場頂ければ幸いです。

ところで、忘れ物のカレンダーはメンバーの一人が有難く頂戴しましたので悪しからず。
また、傘の忘れ物もありましたので心当たりのある方は本掲示板にご連絡下さい。
 

ちょっと便利

 投稿者:音次郎  投稿日:2022年 5月23日(月)20時14分27秒
返信・引用
  おすすめ商品で見つけたので買ってみました。
スプリングで挟むだけの構造ですが、手がもう一本あればと思う時に使えます。
0度~90度に角度が変えられます。
 

直しました

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 5月23日(月)12時21分3秒
返信・引用
  後から遅れて参加 騒がせしました

持参したB-24
ドライプリンターで作った☆マークの印刷が今一でご指摘もありアルプスのインクの上から沖電気のサーマルプリンター用青と赤で重ね張りしました
沖の方が再度が高くきれいな色が出ます

残り少なくなったインクをケチったための二度手間でしたがパーマンさんからインク提供いただけると聞き安心して使いました ホッ
 

Re: 本日はありがとうございました。

 投稿者:がらんどうメール  投稿日:2022年 5月23日(月)00時23分2秒
返信・引用
  クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。
中野原子力さんは石垣さんのHNです。やはり当然ながらお持ちでしたね。
10年くらい前からドイツ機マニアの看板を掲げられないくらい、時代についていけてなくなりました。マニアの人からはずっと無視されております(笑)。それでも、石垣さんの本だけは私も全部入手してます。最近はPDFなのがありがたい。

https://www.facebook.com/taro.chinen.1/

 

Re: 本日はありがとうございました。

 投稿者:醤油皿メール  投稿日:2022年 5月23日(月)00時11分26秒
返信・引用
  > No.11051[元記事へ]

クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。

>>  さてカレンダーですが、着払いは費用が発生しますので、お急ぎでなければ秋の大激作展の時に新たに差し上げるということでいかがでしょうか?デッドストックはたくさんありますのでご安心ください(笑)。
了解いたしました。では激作展の時によろしくお願いいたします。
 

Re: 本日はありがとうございました。

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2022年 5月22日(日)23時09分31秒
返信・引用
  がらんどうさんへのお返事です。
がらんどう様、「中野原子力」というのは知らないのですが、お知らせいただいた私家本はHe P.1076以外は全て著者の石垣さんから購入して持っております。1076の本は本日、石垣さんからのメールで初めてその存在を知り、購入しようと思っております。この機体は添付写真のようなちょっと謎の計画機で、私は世界の傑作機Bf110の本にあった記事でこの機体を知りました。そして私は長年、これを32でスクラッチしてみたい、という野望を温めております。おまけですが、写真上のフィーゼラーFi256(有名なシュトルヒは156)というのも情報の少ない珍しい機体と思います。こういうキットがあるというのはとてもありがたいことです。

> 怪鳥様、本日は眼福でした。
> 静岡はクラブが多すぎでゆっくりお話しできないのですが
> 1サークルの展示会はいいですね。
>
> 醤油皿さん
> 中野原子力さんのユンカース本をご存じなかったようなので
> ご連絡しておきました。
> クレージーユンカースさんは知ってますか?
> 私家本で下記在庫があるそうです。一部300円(PDFは200円)
> Ju288の本 VOL.1
> Ju288の本 VOL.2
> Ju288の本 VOL.3 (今年の8月メドでVOL.4を出す予定。)
> Ju89の本
> Ju488の本
> Ju88G-7の本
> He P.1076の本
> He177 四発機の本
> He177Bの本
> He274の本
>
>
>
 

Re: 本日はありがとうございました。

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2022年 5月22日(日)22時49分11秒
返信・引用
  > No.11049[元記事へ]

醤油皿さんへのお返事です。
 本日はすばらしい色調のJu488を拝見できてとても眼福でした。ありがとうございました。奇しくもいろいろなカラーのJu488が五機も勢揃いし、まさに空前絶後の光景であったと思います。更に怪鳥様からは「変態の編隊」という「治世の能臣、乱世の奸雄」的なお褒めのお言葉を頂戴致しました。けだし名言と拝聴致しました。
 さてカレンダーですが、着払いは費用が発生しますので、お急ぎでなければ秋の大激作展の時に新たに差し上げるということでいかがでしょうか?デッドストックはたくさんありますのでご安心ください(笑)。

> 多くの素晴らしい作品を拝見することが出来てとても良い刺激を得ることが出来ました。
> また、製作に励んでまいりたいと思います。
>
>
> クレージーユンカースさん
> カレンダー私会場に置き忘れておりませんでしたでしょうか?
> せっかくいただきましたのに大変失礼いたしました。
>
> もし可能でしたら着払いでお送りいただければと思います。
> メールアドレスを入力しておりますのでもしよろしければ
> 掲載のメールアドレスにご連絡いただけないでしょうか?
>
> ご連絡お待ちしております。
 

Re: 本日はありがとうございました。

 投稿者:がらんどうメール  投稿日:2022年 5月22日(日)21時51分44秒
返信・引用
  怪鳥様、本日は眼福でした。
静岡はクラブが多すぎでゆっくりお話しできないのですが
1サークルの展示会はいいですね。

醤油皿さん
中野原子力さんのユンカース本をご存じなかったようなので
ご連絡しておきました。
クレージーユンカースさんは知ってますか?
私家本で下記在庫があるそうです。一部300円(PDFは200円)
Ju288の本 VOL.1
Ju288の本 VOL.2
Ju288の本 VOL.3 (今年の8月メドでVOL.4を出す予定。)
Ju89の本
Ju488の本
Ju88G-7の本
He P.1076の本
He177 四発機の本
He177Bの本
He274の本


https://www.facebook.com/taro.chinen.1/

 

本日はありがとうございました。

 投稿者:醤油皿メール  投稿日:2022年 5月22日(日)21時30分49秒
返信・引用
  多くの素晴らしい作品を拝見することが出来てとても良い刺激を得ることが出来ました。
また、製作に励んでまいりたいと思います。


クレージーユンカースさん
カレンダー私会場に置き忘れておりませんでしたでしょうか?
せっかくいただきましたのに大変失礼いたしました。

もし可能でしたら着払いでお送りいただければと思います。
メールアドレスを入力しておりますのでもしよろしければ
掲載のメールアドレスにご連絡いただけないでしょうか?

ご連絡お待ちしております。
 

F4U-1系の追加工作

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2022年 5月22日(日)20時54分40秒
返信・引用
   この1週間は小激作展二向けた準備作業に追われ完成機がないので、T社F4U-1系キットに共通する内部の追加工作の写真を載せておきます。
 1/48のキットには、コクピット後部に隔壁を取り付け吹付塗装の塗料が吹き込まないように、機銃口に付加したプラパイプは砲口筒らしさを表現(コルセアは銃身が前縁より奥にある)するため、尾脚の肉抜き穴は細部へのこだわりで実機らしさを出すために行っています。1/72キットも胴体隔壁の追加と尾脚の肉抜きを行っています。
 

Re: 小劇作展欠席します

 投稿者:A re-y a  投稿日:2022年 5月22日(日)01時13分22秒
返信・引用
  > No.11037[元記事へ]

Ju87G2(ハンガリー空軍)は小国の翼の課題機として作りましたので今回は出展しておりません。10月にご一緒出来る事、楽しみにしております。

浮いたデカールを消化の為も有り以前にヒゲ親父様から拝領したモノグラムのG型に手を着けております。課題機のスピンオフ作品?としてマイテーマにでもしようかな等とも思っております。
新松戸病人さんへのお返事です。

> 事情により小激作展を欠席します
>
> B-24 ジオラマも雨に祟れて押してますが 後はデカール貼り付けと細部塗分けの処まで何時もの展示会直前の有様です
> Are-yaさんと48Ju87競作で並べるのが楽しみでしたが大激作展迄お預けで残念です
>
> 展示予定だった機体を掲示させていただきます
 

本日のお礼

 投稿者:かみたにメール  投稿日:2022年 5月21日(土)23時09分51秒
返信・引用
  本日は小劇作展を堪能させて頂きました。力作を製作された諸先輩方とのお話を通じて、やる気を高めるきっかけになったように思います。明日は天候に恵まれ盛況になる事と思います。10月の大激作展も楽しみです。最後になりましたが、本日はゲスト参加させて頂きましてありがとうございました。  

今日はありがとうございました

 投稿者:まさやん  投稿日:2022年 5月21日(土)21時07分0秒
返信・引用
  掲示板に『航空ジャーナリスト協会コレクション2022』の案内を掲載してくださり、ありがとうございました。
また本日は来場者さんたちに案内ハガキを配布してくださり、改めてお礼申し上げます。

ご紹介の通り、T-4ブルーの塗装デザインをされたヒコー中年さんの作品(受賞盾・イラスト・歴代ハチロク塗装変遷モデル等)をメインに、絵と写真で無塗装時代のハチロクブルーからT-4ブルーまでを振り返ります。

会場でお会いできることを願っています。

画像は1981年2月8日に入間で行われた、ハチロクブルーのラストフライト。
そして、そのとき配られたチラシです。
ちなみにこれが展示されるかは未定です^^;

 

Re: ご無沙汰しております。

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月20日(金)21時52分38秒
返信・引用
  > No.11043[元記事へ]

うずまきさんへのお返事です。

> ご無沙汰しております。
>
> この度は小激作展開催おめでとうございます。
>
> 5/22(日)に伺います。
> 急ではありますが展示参加させて下さい。
> 1/48 Fw190×2機です。
>
> 宜しくお願い致します。

お久しぶりです。
ご来場楽しみにお待ちしてます。
あのフォッケが見られるとは今からワクワクしてます。
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:うずまき  投稿日:2022年 5月20日(金)20時50分12秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。

この度は小激作展開催おめでとうございます。

5/22(日)に伺います。
急ではありますが展示参加させて下さい。
1/48 Fw190×2機です。

宜しくお願い致します。
 

DH-88 Comet3機完成

 投稿者:流れ星  投稿日:2022年 5月20日(金)20時37分32秒
返信・引用
  ギリギリですが、課題作の2枚ペラが完成しました。2機の予定が欲張って3機になったので、他のキットは完成しませんでした。  

(無題)

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月20日(金)19時56分49秒
返信・引用
  新松戸病人さまへ
諸般の事情で欠席はやむを得ないですが、残念です。
10月まで我慢しましょう。


醤油皿さまへ
ご来場お待ちしてます。
持ち込み展示大歓迎です、クレージーユンカースさんが喜ぶかも・・


コニー爺さまへ
nabe3さんに頼んでみます。


?計画さまへ
残念ですが10月の大激作展でお会い会いましょう。
 

小激作展欠席します

 投稿者:X計画  投稿日:2022年 5月20日(金)17時57分17秒
返信・引用
  怪鳥様、激作展関係各位
この度の小激作展へのご招待誠にありがとうございました。
久しぶりに皆様の作品が拝見できるのを楽しみにしておりましたが、都合がつかず残念ながら欠席させて頂きます。
次の機会には、またヘンなもの(たまにはフツーのもの作れよ)をご覧いただけますよう頑張ります。
ご盛会を祈念いたします。
 

要望

 投稿者:コニー爺  投稿日:2022年 5月20日(金)14時51分0秒
返信・引用
  個人的な要望ですが、作品を動画撮影して
ユーチューブにUPできませんかね。
 

小激作展の持ち込み展示について

 投稿者:醤油皿メール  投稿日:2022年 5月20日(金)11時23分50秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。醤油皿です。

この度の小激作展、開催おめでとうございます。

日曜日に伺わせていただく予定です。当日は沢山の力作を拝見できることを楽しみにしております。
また、会場に伺った際に話のネタにでもと下記の拙作を持参しようと考えておりますが
会場のスミにでも置かせていただくことは可能でしょうか?(どちらも比較的大型で場所を取ってしまい申し訳ないのですが)


1/72 Ju488
1/72 P6Mシーマスター
 

小劇作展欠席します

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 5月19日(木)22時47分21秒
返信・引用
  事情により小激作展を欠席します

B-24 ジオラマも雨に祟れて押してますが 後はデカール貼り付けと細部塗分けの処まで何時もの展示会直前の有様です
Are-yaさんと48Ju87競作で並べるのが楽しみでしたが大激作展迄お預けで残念です

展示予定だった機体を掲示させていただきます
 

非接触検温器の調達

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2022年 5月18日(水)13時41分5秒
返信・引用
  足立区の『新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドライン』に基き、小激作展用に機器を購入いたしました。
これから先、大激作展もどの様になるか先行き不透明ですがその時にも使用できると思いますので準備しました。
 

ブルーインパルス展

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2022年 5月18日(水)13時31分48秒
返信・引用
  小激作展が終わって約1ヶ月後に有楽町東京交通会館地下1階のシルバーサロンAにて開催されます。
ホラブロメンバーのヒコー中年さんも当期間中会場には不在ですがF-86の図面など関連展示品を出展されています。
大激作展のメンバーのストールの木下さんも参加されています。
是非ともお立ち寄りください
 

OV-10A完成

 投稿者:アイスマン  投稿日:2022年 5月17日(火)21時59分22秒
返信・引用
  土壇場ではありますが、ICM 1/48 OV-10A が完成しましたので、小激作展のテーマにエントリーさせていただきます。
宜しくお願いします。
 

小激作展、欠席

 投稿者:コニー爺  投稿日:2022年 5月16日(月)10時11分19秒
返信・引用 編集済
  ご無沙汰しています。
小激作展、開催おめでとうございます。
母の病状も好転してきていますが、自力歩行がまだ無理なので
長時間家をあけられません。今回は欠席します。
模型は相変わらず作れませんが、食事は色々作れるようになりました。

追伸
オデッサ、キエフ近辺での戦車戦、レンドリース法可決とかデジャヴ見てるみたい。
 

作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2022年 5月15日(日)23時01分7秒
返信・引用
   こんばんは、クレイジー・ユンカースです。月半ばです。コクピット部以外に窓がない妙なスタイルのイリューシン80をもっと見たかったなあ、という不謹慎な落胆を感じる状況下、ハイブリッド製作のJu288V5はやっと片方の脚をうまく引き込めるようになりました。

 一枚目の写真はその脚で、脚柱は主翼に対して水平となりこれで脚扉は浮きません。うまく畳めなかったことへの対策は、脚柱の突起をずらし、格納した車輪の当たる部分の主翼裏を更にリューターで削り込んで脚格納部の容積を増やし、斜めに脚を支える支柱の折りたたみ角度を限界まで鋭角にしたことです。小さな部品、細いシャフト、どこが原因で脚が下に行かないのか覗き込んでもなかなか分からずの試行錯誤とまさに悪戦苦闘の連続でした。しかし、荒唐無稽で非実用的と思いつつも、この脚の格納した姿にはうっとりです。多分設計者も「これぞ合理性の極致!」と思ったことでしょう。

 さて転じて二、三枚目の写真は、小激作展ゲスト参加のお知らせです。ありがたいことに招待状を頂戴し、ここに長い間、製作記を書かせて頂いていた四機のユンカースJu488がゲスト出撃できることになりました。参加機は二枚目の写真のJu488四機。これはリハなので着脱式のエンジンやターレットなどはつけていませんが、その飛翔感はまさにユンカース・ストームです。三枚目の写真は各機の時間割で、各機の態様を時間によって変えるのでこのような表を作りました。例えば5月21日の土曜日の午後1時から2時では二機は飛行していて一機は離陸中、一機が駐機しているということです。表の色は機体の色に対応していて、赤や黄色の爆発マークは私の「転換作業時刻」です。この表は時節柄、展示の時にも傍に置きます。
 一機ならともかくも、Ju488が四機も集まった上に編隊飛行するというのは前代未聞の夢(悪夢ではありません(笑))のような、誠に稀有でクレイジーな光景です。ドイツ機ファンの皆さん、ぜひ見にいらして下さい。それにしても上島竜兵さんも亡くなってしまうとは。2019年の夏に見た第14回志村魂にダチョウ倶楽部で出ておられました。往来復活疫病退散!頑張れ、ウクライナ!
 

F4U-1A 2号機完成

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2022年 5月15日(日)13時51分34秒
返信・引用
   1/48のF4U-1Aの2号機もVF-17のマーキングで、機体番号「29」が同隊トップ・エースのケプフォード中尉の機体にしています。斜め後方からの写真により当機のプロペラは根元が幅広の6501A-0系と思われ、尾脚柱は短いものを装備し、操縦席後方のアンテナはホイップ・アンテナに変更されていることが分かります。したがって、プロペラ・パーツの選択からベース・キットは同社F4U-1Dを使っています。塗装はカウンターシェイド効果を狙ったトライカラー・スキームで塗分け部はぼかし幅が広くなっているので、マスキング塗装後に細ノズルのエアブラシで直に吹付を行っています。なお、VF-17所属機の機番は主脚カバーの前だけでなくカウリング下部にも記入されていることが多いので、本作品にも機番29を主脚カバーとかウイング下に記入しています。  

Re: 小激作展へのゲスト参加について

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月15日(日)12時57分34秒
返信・引用
  > No.11029[元記事へ]

かみたにさんへのお返事です。

> 怪長殿、ご招待状を頂戴しありがとうございます。土曜日の午後にゲスト参加させて頂きたいと思います。2作品くらい持ち込ませて頂こうと考えております。

メンバー一同、ご来場をお待ちしてます。
また、どんな作品を拝見できるか楽しみです!
 

小激作展へのゲスト参加について

 投稿者:かみたに  投稿日:2022年 5月15日(日)07時33分12秒
返信・引用
  怪長殿、ご招待状を頂戴しありがとうございます。土曜日の午後にゲスト参加させて頂きたいと思います。2作品くらい持ち込ませて頂こうと考えております。  

紅白ヘリ完成!

 投稿者:nabe3メール  投稿日:2022年 5月 9日(月)23時27分38秒
返信・引用
  1/35のMH-60Tがようやく完成しました。ベースのキットはキティーホークのSH-60Bですが、それをアチコチ改造して作りました。改造点は機首のレドーム、左側スポンソンの延長、胴体各部のアンテナ類などが外形上の主な改造点ですが、一番苦労したのはほとんどスクラッチで作ったキャビン内です。今週末の静岡ホビーショーに展示するため、現在は救難バスケット内に横たわってもらう『ドラえもん』の製作に鋭意努力しております。  

F4U-1A 1号機完成

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2022年 5月 8日(日)20時14分25秒
返信・引用
   T社1/48のF4U-1AがVF-17のマーキングで完成しました(1A型は1/48・1/72ともVF-17を主として制作中)。1機目に完成した1/48は機体番号「34」のフリーマン中尉の機体にしています。同機のプロペラは根元が細い6443A-21系を、尾脚柱は短いものを(他のVF-17の機体と同様に)装備しています。塗装はカウンターシェイド効果を狙ったトライカラー・スキームで塗分け部はぼかし幅が広くなっているので、マスキング塗装後に細ノズルのエアブラシで直に吹付を行っています。
 シーブルーは実機写真から明るめが良いと考えクレオスNo.14を、インターメディエイトブルーはソリッドカラーのA4を、インシグニアホワイトはクレオスNo.316をビン生で使っています。デカールはイーグルカル#20とエアモデルNo.76の二つありましたが、イーグルカルは白色の印刷部が割れ易いため主にエアモデルを使い、垂直尾翼のプラカード・マークは両社とも大きすぎるのでエアモデルの1/72用を使っています。
 

Re: 資料のお礼

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 5月 3日(火)16時25分39秒
返信・引用
  > No.11025[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。


> あれはMk. I ではなくMk. II 以降に付けられた12.7mmx2の別タイプでD型以降にも見られます。
> 2枚目は病人さんが上げた豪州戦争記念館の写真の機体、Mk. I, AM929 で1943年6月24日にU-200 を撃沈してます。
> 初期の尾部銃座についてはインアクションNo. 80 に詳しく載ってます。



確かに 水平尾翼との位置関係からも違いが分かりました
インアクション 自分の持っている資料に一番わかりやすく書いてあるとは…反省

有難うございました
未完成の初期型は改めて面白く感じます 残り3週間を切ったので手を動かさねば
 

Re: 資料のお礼

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月 2日(月)23時54分50秒
返信・引用
  > No.11024[元記事へ]

新松戸病人さんへのお返事です。


> 有難うございます 私の探したのより大分鮮明ですが 南さんの書籍等から銃座の天井ガラス部には縦に1本枠があるように見えてたのが 2枚目の写真ではないようにも見えます??

あれはMk. I ではなくMk. II 以降に付けられた12.7mmx2の別タイプでD型以降にも見られます。
2枚目は病人さんが上げた豪州戦争記念館の写真の機体、Mk. I, AM929 で1943年6月24日にU-200 を撃沈してます。
初期の尾部銃座についてはインアクションNo. 80 に詳しく載ってます。

>
> 色々ですがもう一つご相談
> PB4Y-1の下部銃座?レーダー?ただの二で閉じてる?
> カラー図なんかではレーダー付きに成ってますが図面ではレーダーや銃座にしろ少し出っ張っているはずで 南さんの書籍写真ではフラットに見えます
> アカデミーは48モノの縮小コピーなので銃座なしの蓋のパーツが入ってますH型とレベルは銃座が入ってました 今は蓋つきで仕上げもしレーダが着くなら後付けと考えてます
> この点お教えください

PB4Y に限らず、B-24 でもボールタレットもレドームも積んでない場合は蓋で塞がれてます。
 

Re: 資料のお礼

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 5月 2日(月)11時30分52秒
返信・引用
  > No.11023[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。
エアロデータにリベレーターⅠの尾部が判るし 尾部詳細です。



怪鳥様

有難うございます 私の探したのより大分鮮明ですが 南さんの書籍等から銃座の天井ガラス部には縦に1本枠があるように見えてたのが 2枚目の写真ではないようにも見えます??

ヤラレ役の方はニチモのお宝キットをもったいないんですが切腹仕上げがほぼ完了
絵画ではⅨC型の様でこれもニチモからで出ますがお宝キットを探してこんな姿にするのは不謹慎ですし在庫減らしも目的なのでB型で進めます 大きな差は対空銃座の追加装備

在庫減らしと言っておきながら昨日秋葉でアカデミーのDを買っちゃいました
爆弾倉内部加工を手持ちアカデミーのH型の移植を検討したんですがもったいなくなってTHE GOONの黄丸付星マークも手持ちに無かったんで急遽秋葉散歩がてら買っちゃいました
処が黄丸星は2㎜も版ズレ 流石アカデミー品質

色々ですがもう一つご相談
PB4Y-1の下部銃座?レーダー?ただの二で閉じてる?
カラー図なんかではレーダー付きに成ってますが図面ではレーダーや銃座にしろ少し出っ張っているはずで 南さんの書籍写真ではフラットに見えます
アカデミーは48モノの縮小コピーなので銃座なしの蓋のパーツが入ってますH型とレベルは銃座が入ってました 今は蓋つきで仕上げもしレーダが着くなら後付けと考えてます
この点お教えください
 

Re: 資料のお礼

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 5月 2日(月)00時58分51秒
返信・引用 編集済
  > No.11017[元記事へ]

新松戸病人さんへのお返事です。

エアロデータにリベレーターⅠの尾部が判るし

尾部詳細です。
 

SNA 737

 投稿者:ヒコー中年  投稿日:2022年 5月 1日(日)21時25分37秒
返信・引用
  スカイネットの737、下部ラインが平行にならない件は 文章だと分かりにくいので、画像を載せます。  

B.737 2機 完成

 投稿者:ヒコー中年  投稿日:2022年 5月 1日(日)18時08分38秒
返信・引用
  1/200の 737としては 9、10機目になります。BAの 737-200は ドイツ・レベル製ですが、パーツの合いが悪く、特にコクピット窓部品なんか 全く使えません。正規の位置に接着することさえ難しいので、窓はパテ埋めしちゃってます。何とか形にはなりましたが、ハセガワのほうが ずっと楽。
 もう1機は、ハセガワの 737-400で、スカイネット・アジア機。デカールはカルトグラフ製で発色は良いのですが、後部胴体マークの1枚物デカールは面積も広く、これを3次元曲面に貼るのは至難の業。 デカール軟化剤をジャブジャブかけながら片側を貼ったあと、反対側は3分割して貼りましたが、軟化剤で伸びた分、下面では 左右のマークにズレが生じました。 側面は まあまあの仕上がりになったかと思ったら、問題は重ね貼りする胴体下半分の細いライン。太さが段階的に変化する何本もの線が平行に印刷されていますが、実機のラインは 翼胴フェアリングにかかるので、横から見て平行に見せるには 複雑にカーブする筈。 この部分のラインは、絶対に平行とはならない。塗装で仕上げる以外には。  デカールの印刷がきれいなので、惜しい。
 

1/72 F4U-1 2号機完成

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2022年 5月 1日(日)13時44分22秒
返信・引用
   1/72のF4U-1の2号機がVMF-222/576「Marines Dream」のマーキングで完成しました。スコードロン社のF4U-コルセア・イン・カラーに塗装図が載っていますが、実機写真とは何となく違っているような気がするので自分なりの解釈で塗装を行っています。スコードロン社等の塗装図には胴体上半分と翼上面がブルーグレイに、その他部と垂直尾翼がライトグレイになっていますが、垂直尾翼と胴体側面はブルーグレイが退色した様に見えるので垂直尾翼はクレオス115、胴体側面はクレオス117のオーバースプレイを行っています。国籍マークは丸星タイプから袖付に変更された1943年6月以降の12月頃のマーキングで、国籍マークは丸星に現地塗装で白袖を加えただけで丸星タイプの標準位置のままになっています(袖付マークの標準より後ろ)。デカールはバラクーダ、エアモデルとスカイの良いとこ取りで貼っています。

 塗装に使用したブルーグレイはビン生色がないと思い混色で作り満足していましたが、クレオスからNo.367ブルーグレーが発売されておりFSカラーチャートで確認したところビン生で使用可能です。
 

作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2022年 4月30日(土)23時17分24秒
返信・引用
   こんばんは、クレイジー・ユンカースです。月末です。核の電撃戦宣言に戦慄する状況下、ハイブリッド製作のJu288V5は脚の構築に悪戦苦闘中です。

 一枚目の写真はその脚の製作風景です。フーマキットの脚柱やバルクヘッドを切った貼ったして0.3の真鍮線を通し、折り畳み収納できるように改造しています。とてもとても辛気臭い作業です。シャフトとして使う細く短い真鍮線は穴に差し込もうとピンセットでつまむとしばしばピッとどこかに飛んでいってしまうし、各ピボット部はその短い真鍮線を仮通ししているだけなので他の部分の作業をしているとすぐに抜けてしまいます。「あーあ、今、苦労して入れたのに」とまったく血管切れそうな世界です。入れる時は難渋するのに外れるのは何故かいとも簡単なのです。
 この引き込み脚構築は以前お目にかけたJu288Cで経験済みで、実物を傍に置いて参考にしていますがこのV5はエンジンが小さく、メカニズムは同じながら、寸法は新たにオーダーメイドです。左上の組んだ脚はいわば試作品ですが基部がこれではダメで、そのもう片方がその手前にあるU字型の部品です。これを踏まえ一番手前の板状のフーマバルクヘッドから「量産品」を作ろうとしている段階です。

 二枚目の写真はその量産品基部を組み込んで試しに脚を畳み、脚扉をかぶせてみたところです。その結果はなんということでしょう!扉が浮いてしまいます。扉の製作段階では車輪に気を取られていましたが、問題はでんぐり返って後端に来る脚柱にもあったわけで、まずは脚柱左端の突起が邪魔です。これは切除し位置をずらして対処しようと思いますがしかし、それだけでは多分隙間は解消しません。やれやれ。

 三枚目の写真が現状です。脚を引き上げる斜めの支柱を畳んで収納できるように試行錯誤中です。なんとか次回には脚と脚扉の製作を終えていたいものです。往来復活疫病退散!頑張れ、ウクライナ!
 

Re: 資料のお礼

 投稿者:ごったくメール  投稿日:2022年 4月29日(金)15時56分23秒
返信・引用
  > No.11017[元記事へ]

新松戸病人さんへのお返事です。

> ごったく様
> 先程本が届きました 大切にお借りします

>
製作の参考になれば幸いです。
引越は天候不順、キットの整理等により本日の予定が明日に順延となりました。
なんでこんなに制作途中のキットがあるのでしょう(自己責任)。
小激作展までにあと少しいじりたいキットがあるのですが環境整備に時間が掛かりそうです。
 

資料のお礼

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 4月29日(金)11時26分55秒
返信・引用
  ごったく様
先程本が届きました 大切にお借りします

キャノピマスキングが面倒でHs126に浮気してたので絶妙なタイミングで追加資料が労せずしてお借り出来ラッキーでした
偶然インアクションも私物の版と重ならず エアロデータにリベレーターⅠの尾部が判るし
IN-BLUEでは正にレベル箱絵の機体写真に白に青の塗装と書いてありました

以前マローダーのミッドウエーのヤラレ役を作ったので上面はニュートラルグレーと思ってましたので俄然このタイプで作る気がモリモリ ボケた頭が動きました

レヴェル箱絵をグレーで塗っても面白くないし史実と違うと思う青に塗るのもどうかと思ってリベレーターⅠに指向してましたがマタマタどっちにするか悩んでます
ちなみに今70%出来てるのはTHE GOONで仕上げます
有難うございました



 

1/72 F4U-1 完成

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2022年 4月24日(日)17時43分29秒
返信・引用
   1/48と同時進行で作っていたT社1/72のF4U-1が1/48と同じVMF-213のマーキングで完成しました。機番が10のウィルバー・トーマス中尉の乗機で、機首右側に「Gus's Gopher(ホリネズミ)」の文字が左側に翼を付けたホリネズミと思われる絵が描いてあります。塗装は1/48と同様に行いデカールはスカイデカールとエアモデルデカール(国籍マーク)を使っています。  

Re: 翼端塗装

 投稿者:怪鳥  投稿日:2022年 4月22日(金)01時26分33秒
返信・引用
  > No.11014[元記事へ]

ヒゲおやじさんへのお返事です。


> 物干し竿アンテナはお王の機体で使用されているとおっもいますが今回の写真で初めて支柱をワイヤーで引っ張っているんですね。


前半は何言ってんだか分かりませんが、1枚の写真見ただけで判断してはいけません。
 

Re: 翼端塗装

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2022年 4月21日(木)17時04分52秒
返信・引用
  > No.11012[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。

>怪鳥さま、

物干し竿アンテナはお王の機体で使用されているとおっもいますが今回の写真で初めて支柱をワイヤーで引っ張っているんですね。

勉強になります。


> 新松戸病人さんへのお返事です。
>
> > そこで教えていただきたいのが
> > 頼りのWARPAINT図でGR Mk1の起立した4本のアンテナの付け根が後方に向け黒くテーパーがついて表現されています
> > 他の側面図や写真では確認できないのでこれは何なのかお教えくだされば幸いです
>
> Warpaint は持ってないので「黒くテーパー」がよく分かりませんが、これのことでしょうか?
> Mk. I は機首が短いだけでなく、カウリング左右のオイルクーラー・インテイクや排気タービンが無いので改造はかなりシンドイとおもいますが頑張って下さいませ。
 

Re: 翼端塗装

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2022年 4月19日(火)10時15分55秒
返信・引用
  > No.11012[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。


> Warpaint は持ってないので「黒くテーパー」がよく分かりませんが、これのことでしょうか?
> Mk. I は機首が短いだけでなく、カウリング左右のオイルクーラー・インテイクや排気タービンが無いので改造はかなりシンドイとおもいますが頑張って下さいませ。


有難うございます WARPAINTは昔の新聞タイプのものですが この辺りをちゃんと表現しているし72原寸図なので重宝してます

ご指摘の件 まあビックリ
もう少し調べてみますがナセルの下面図や尾部銃座もわからないし流用するカウリングやエンジンを4つそろえるのもきついですね
小劇作展に向け集中して作る魂胆でしたが流石に間に合いそうにないので諦めますが面白いのでもう少し調べてみます 肉厚なRevellにこそ向いたテーマなのに残念
 

/176