投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 自作デカールとカッティングマシン(125)
  2. 民間機大好き!(286)
  3. 月例会情報(219)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ルフトハンザのJu52

 投稿者:おたっくす  投稿日:2019年 3月22日(金)20時52分41秒
返信・引用
  > No.9910[元記事へ]

クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。


> 洋書CLASSICの写真です。
> カバーがないのは幸か不幸か(笑)。民間と軍用で排気管の処理が違うんですね。
> お役に立てば幸いです。

さすが、クレイジー・ユンカースさんですね、Ju52の資料もお持ちでしたか。
ありがとうございます。
 

Re: ルフトハンザのJu52

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2019年 3月22日(金)01時28分55秒
返信・引用
  おたっくすさんへのお返事です。

洋書CLASSICの写真です。
カバーがないのは幸か不幸か(笑)。民間と軍用で排気管の処理が違うんですね。
お役に立てば幸いです。

> イタレリ1/72をストレートに作ろうと思っていましたが、いくつか問題が起きました。
> ①尾そり これはモノグラム1/48のキットの部品をお借りしてスケーダウンして自作することで解決
> ②中央エンジンの排気管 外側から機首に引き込まれ、機首下に排気口が突出しています。インアクションに図がありますが、形がよく分からなくて困っています。下からの写真か図をお持ちの方、いらっしゃいませんか?
 

ルフトハンザのJu52

 投稿者:おたっくす  投稿日:2019年 3月21日(木)20時19分22秒
返信・引用 編集済
  イタレリ1/72をストレートに作ろうと思っていましたが、いくつか問題が起きました。
①尾そり これはモノグラム1/48のキットの部品をお借りしてスケーダウンして自作することで解決
②中央エンジンの排気管 外側から機首に引き込まれ、機首下に排気口が突出しています。インアクションに図がありますが、形がよく分からなくて困っています。下からの写真か図をお持ちの方、いらっしゃいませんか?
 

Re: MMC展示会

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2019年 3月21日(木)12時51分18秒
返信・引用
  > No.9905[元記事へ]

怪鳥さんへのお返事です。

> 今度の土日に地元三鷹でMMCの展示会があります。
> ワタシは23日の土曜、1~2時頃に行く予定をしてますが、誰か行く人いませんか?
>
> 場所:三鷹北口1分、武蔵野芸能劇場2階小ホール
> 日時:3月23日(土)12:00~17:00
>    3月24日(日)10:00~16:00

雨さえ降らなければ、同日同時間帯に行きます。
 

サロ女王様

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 3月20日(水)01時36分47秒
返信・引用
  仮組みまで来ましたがキットに入っていた竹ひごでは着脱式には強度不足でカーボンロッドに替えてみようと思います。
それにしてもデカイですよねー!
 

MMC展示会

 投稿者:怪鳥  投稿日:2019年 3月20日(水)00時23分31秒
返信・引用
  今度の土日に地元三鷹でMMCの展示会があります。
ワタシは23日の土曜、1~2時頃に行く予定をしてますが、誰か行く人いませんか?

場所:三鷹北口1分、武蔵野芸能劇場2階小ホール
日時:3月23日(土)12:00~17:00
   3月24日(日)10:00~16:00
 

五月例会場所の報告

 投稿者:コニー爺  投稿日:2019年 3月19日(火)12時13分1秒
返信・引用
  五月十八日(今回は第三土曜日です)千駄ヶ谷区民会館一階一号会議室が夜間枠で
取れました。 新元号最初の例会です。新元号は何でしょうね。

新松戸病人様
ワセリンが効いて良かったですね。塗り続けると効果の保持時間が長くなってくると
思いますよ。お大事に。
 

1/72 Bf109 その4

 投稿者:サンダース軍曹  投稿日:2019年 3月19日(火)10時19分8秒
返信・引用
   塗装の楽な砂漠迷彩塗装のF型以降3タイプが完成しました。

 1機目は1/JG27のF-4/Tropで、1941年12月頃にノイマン大尉の搭乗していた機体です。コタアフリカ方面の戦地標識となる胴体の白帯が入っていますが、機首とラダーはヨーロッパ方面と同様に黄色く塗られています。なお、FM社のF-4用キャノピーは前部防弾ガラスが同一モールドになっているので、接着面の心配が不要になっています(同社、F-2とF-4/Trop用は防弾ガラス無仕様)。2機目はF-4のパワーアップ型のF-4/Z/Tropで機種下のクーラーが大きくなりプロペラブレードの幅が広くなっています。塗装は1942年11月頃の1/JG27のシュロアー大尉の機体で、戦地標識が胴体の白帯に加えて機首と主翼端も白く塗られています。3機目はJGマークの異なる2/JG27のG-4/Tropで、ドイツ空軍の航空基地がアフリカからシチリア島などに移った1943年4月頃のレーデル大尉の機体になります。
 

YS-11とワセリン

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2019年 3月18日(月)23時37分40秒
返信・引用
  流れ星様

今井のYS-11改修中とのこと途中経過も面白いのでその状態でも是非お見せください
私も2機未完のまま廃棄してますが 先日駿河屋で投げ売りされていてまた欲しくなりました
季刊モデルアートNo21 B-17の号に今井キットのウインドシールドの修正のGOOD アイデアが最高の側面写真と共に掲載されてます 参考に次回お持ちいたします

コニー爺さん

ワセリン 驚くほどの効果でした 貴重なアドバイス有難うございました

午前中一杯2分おきにティシュのお世話になってました90~120分は忘れていられます
室内にいる限り正常な日常が戻りましたこれで模型製作する気分になれそうです
 
 

Re: one man model

 投稿者:流れ星  投稿日:2019年 3月18日(月)18時59分47秒
返信・引用
  新松戸病人さんへのお返事です。

> nabe3様
>
> カタカナで検索してたらヒットせず随分探しました
> YS-11は見本を見る限りおでこの辺りが私のイメージに合わないんで止めて正解のようでした
> プリンセスが絶品のように思えヒゲおやじさんの完成が楽しみです
>
> 予定されてるよだれの出そうなラインナップが発売された頃に お手配をお願いしたいと思います

私も英語で検索して見つけました。写真ではおでこの形がはっきりしませんが、筋がなくてつるりとしていたらがっかりですね。
改修中のイマイの頭と比べてみたいです。
 

one man model

 投稿者:新松戸病人  投稿日:2019年 3月18日(月)10時38分56秒
返信・引用
  nabe3様

カタカナで検索してたらヒットせず随分探しました
YS-11は見本を見る限りおでこの辺りが私のイメージに合わないんで止めて正解のようでした
プリンセスが絶品のように思えヒゲおやじさんの完成が楽しみです

予定されてるよだれの出そうなラインナップが発売された頃に お手配をお願いしたいと思います
 

3月の例会不参加だったので

 投稿者:クリムゾンマニア  投稿日:2019年 3月18日(月)10時15分7秒
返信・引用
  私事により3月の例会に不参加だったので、制作中の模型を投稿させてください。
レベル1/28, Spad XⅢをヤン、ロマン・ユゴーのバンド・ネシネ「エーデルワイスのパイロット」の主人公の機体のカラーに仕上げています。いろいろいじって1か月かかっていますが、今週末には完成しそうです。
 

Re: 作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:MSモデラー  投稿日:2019年 3月18日(月)01時46分54秒
返信・引用
  > No.9896[元記事へ]

クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。

> 例えば胴体右側に置くプラ板を置くのではなく極く少量の瞬着で接着するのはどうでしょうか。そうした上で穴を開けたら(穴は予め開けておいた方が良いかもしれません)胴体左側を合わせ、適切位置を割り出します。そうしたら左側とプラ板の間に瞬着をこれまた少量流し込みます。

*************************************

瞬着を流し込むのは危険です。瞬着は接着力が強力だし流動性が良いので、思いがけない範囲まで広がることがあり、手加減で適量をコントロールするのは難しく、私は別のケースですが何回か泣きを見ているので、とりあえずやめた方がいいかと思っています。

ただ、一方ではチャレンジすることは新しいテクニックを得ることに結び付くので、例えば、接着力の弱い別の接着剤を使うなどして、失敗してもリカバリー出来る手段を用意してからトライしてみてはどうでしょうか。
 

Re: アメリカ訪問時の写真

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 3月18日(月)01時27分20秒
返信・引用
  evo3さんへのお返事です。

>evo3さん、

ありがとうございました。
見つけることができました。
nabe3さん、音無惣一郎さん、ヅレさん、
記念に覗いてみてくださいな。

> ひげおやじさん
> 昨日プリントした写真ですが、こちらにありました。
 

Re: 作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2019年 3月17日(日)23時40分0秒
返信・引用
  MSモデラーさんへのお返事です。

 またまたご教示恐縮です。なるほど、いわば反転テンプレート法ですね。確かに指押さえで十分かもしれません。

 私は左右胴体の間に第三物を介在させるという発想はありませんでしたが、今回ご教示の方法から、ちょっと思い付きました。例えば胴体右側に置くプラ板を置くのではなく極く少量の瞬着で接着するのはどうでしょうか。そうした上で穴を開けたら(穴は予め開けておいた方が良いかもしれません)胴体左側を合わせ、適切位置を割り出します。そうしたら左側とプラ板の間に瞬着をこれまた少量流し込みます。その上で、先の右側とプラ板の間にカッターの刃を差し込んで剥がします。すると穴の空いたプラ板をくっつけた左側が出現します。その穴にドリルを立てた後プラ板を取り去ればうまく「揃い穴」が出来るのでは?と思いました。いわばテンプレート瞬着反転法です。もちろんまだ実行していませんのでうまく行くかは分かりません。理論上は出来そうだが、やってみるとうまく行かない、というのはよくあることです(そういう機体、好きですが(笑))。お教え頂いた方法他を試すのは4号機、Ju388J-3になりそうです。
 いろいろ、ありがとうございます。

> クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。
> 胴体などの左右対象の部品に、位置決めピン穴を左右対称に明ける時の私の方法は、
> 1.塩ビ板や透明プラバンなどの透明なプラスチックシートの上に片側の部品を置き、部品の輪郭をケガキ針とか細いマジックペンで転写します。この時全体の輪郭は必要なく、ピン穴を明ける近辺だけで可です。
> 2.輪郭が描かれた透明シートに、ピン穴を開ける位置の印を付けます。
> 3.透明シートを裏返して、もう反対側の部品を輪郭に合わせ、穴明け位置の印に合わせて穴を明けます。
> という手順です。
> 穴の位置が多少不正確でも大丈夫ですが、位置ズレが大き過ぎる場合は片側の穴径を広げて対応します。
> 5分硬化型エポキシの場合は、2液混合後3分ほど過ぎると固くなってきて微調整が難しくなるので2分以内に位置合わせを済ます必要があります。
> なので、私の場合は特別な保持器具は使わず、指で押さえて固まるまで待ちます。
 

プリンセス

 投稿者:ヒゲおやじ  投稿日:2019年 3月17日(日)22時05分27秒
返信・引用
  早速、製作を始めました。主翼のパネルラインは一度、ガイアノーツの瞬間カラーパテのグレーを使って埋めて表面処理をするつもりです。
胴体は分割をどうするか検討中です。
 

アメリカ訪問時の写真

 投稿者:evo3メール  投稿日:2019年 3月17日(日)14時16分47秒
返信・引用
  ひげおやじさん
昨日プリントした写真ですが、こちらにありました。

http://arawasi-wildeagles.blogspot.com/

 

登録記号の本

 投稿者:音次郎  投稿日:2019年 3月17日(日)10時38分43秒
返信・引用
  長老 様

昨日はありがとうございました。
日本機の登録記号の本がこれです。
日本航空協会の出版でした。
 

Re: 作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:MSモデラー  投稿日:2019年 3月17日(日)10時23分15秒
返信・引用
  クレイジー・ユンカースさんへのお返事です。

胴体などの左右対象の部品に、位置決めピン穴を左右対称に明ける時の私の方法は、

1.塩ビ板や透明プラバンなどの透明なプラスチックシートの上に片側の部品を置き、部品の輪郭をケガキ針とか細いマジックペンで転写します。この時全体の輪郭は必要なく、ピン穴を明ける近辺だけで可です。

2.輪郭が描かれた透明シートに、ピン穴を開ける位置の印を付けます。

3.透明シートを裏返して、もう反対側の部品を輪郭に合わせ、穴明け位置の印に合わせて穴を明けます。

という手順です。

穴の位置が多少不正確でも大丈夫ですが、位置ズレが大き過ぎる場合は片側の穴径を広げて対応します。

5分硬化型エポキシの場合は、2液混合後3分ほど過ぎると固くなってきて微調整が難しくなるので2分以内に位置合わせを済ます必要があります。
なので、私の場合は特別な保持器具は使わず、指で押さえて固まるまで待ちます。

 

Re: 作り上げるんだ、絶対に!

 投稿者:クレイジー・ユンカース  投稿日:2019年 3月17日(日)01時21分37秒
返信・引用
   MSモデラーさんへのお返事です。

 イラストまで描いて頂いてのご教示、恐縮です。
 なるほど、いわばメス側三次元遊撃法ですね。とすると、出来るならば当て板のようなものを介在させた上で強力なクリップで挟むなどして段差解消状態を保持すると良いかもしれませんね。ふーむ、それに適しそうなクリップを持っていますので今度やってみます。
 尚、私の場合、方法が実はもうふたつあります。共にあまりいい方法とは思えない超・原始的な方法です。
 ひとつは平滑塗料法。オスにする真鍮線の飛び出し部をヤスリで平坦且つ、飛び出し部分を極力少なくした上でここに塗料を付けて左右胴体を合わせます。そうして反対側に付着した塗料のところに穴をメス穴を穿つ方法です。ただ、うまくゆくこともありますが正確に合わせるのが難しく、きれいに付着しないことも多くてあまり精度は期待出来ません(笑)。
 もうひとつは一文字法。逆にオス線断面をニッパーで切ったままにします。こうすると断面は「一」になり、これを左右合わせて圧迫すると反対側に「一」の傷が付きます。ここにメス穴を穿つ方法です。うまくゆくこともありますが、レジンが柔らかかったり気泡を内包している場合、圧迫し過ぎるとオス線がめり込んで首を引っ込めたカメさんになってしまいます(笑)。こうなると取り出すのが大変です。共に単純なだけが取り柄の笑い話のような方法です。
 今回は貴重なご教示、ありがとうございました。
 

/382