teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ケチなオヤジとアルバイト店員の会話

 投稿者:風太郎  投稿日:2018年 5月 3日(木)22時17分12秒
返信・引用
  岡山駅近くの居酒屋での話し
オヤジ:焼酎ボトルで頂戴
店員:飲み方は?
オヤジ:水割りで?
店員:かしこまりました

しばらくすると焼酎と水割りセットが注文通りに用意されました。(水はいろはすでした)

オヤジ:この水いくら?
店員:250円です(たしかそういってたはず)
オヤジ:水道水でいいから持ってきて?
   (意外な絡みかたにちょいと引きましたが)
店員:水道水は衛生的に問題があります。
オヤジ:岡山の水道水は飲めないのか?そんなはずは
   ない!(岡山出身のオヤジは店員のコメントに
   怒りはじめました)
オヤジ:氷は水道水から作っているんやろ?
店員:はい
オヤジ:氷は衛生的に問題ないのか?
店員:無言
店員が酔っぱらいに絡まれている風景にあきてきました?
風太郎:まあまあ(店員は安堵の表情で私達から離れました)+(笑)

短いコントを見ている様でした?


 
 

大雪での理解不能な話

 投稿者:風太郎  投稿日:2018年 2月10日(土)07時55分59秒
返信・引用
  町内には融雪機能のあるどうろがある。降雪前には動作チェックもされており、雪が降っても大丈夫だと思っておりました。この冬は幾度か大雪がありましたが雪が降っているにもかかわらず融雪装置はお休みです。なんのための融雪装置なのか?使えない?使わせない?ものをつくって自己満足なのか、癒着なのか?と妄想します。  

久々の大雪

 投稿者:風太郎  投稿日:2018年 2月10日(土)07時39分15秒
返信・引用 編集済
  昭和56年以来の大雪!雪の少ない冬になれてしまった人、豪雪を未経験の人たちと豪雪経験者との違いがはっきりと見られました。
1 主となる道路の除雪対応がなく危機対応力のなさ
2 行政の力量のなさ
3 警察車両や行政パトロール車両がパトロールするのは良いが、運転力量と判断力不足にもかかわらず車が動けなくなり道をふさいだり、生活道路を通っているおいらに道をゆずる事を強要してくる!
4 大型車両がスタッドレスタイヤを過信及びチェーン未使用で走行し道をふさぐ!これが原因で大渋滞
想像ですがそれで1500台も雪の中にでとまちゃたのか?先頭車両は大型車のはず!

3日間、早朝から夕方までの除雪はこたえます。
幹線道路は早く除雪してほしい?移動に時間はかかるわ、歩行者が狭くなった車道を歩いているよ!
火事や救急車が必要な事態になっていたら大変な事になってます。結果オーライなのでしょうか?
 

一休さんを思い出す。

 投稿者:風太郎  投稿日:2017年 8月 3日(木)14時25分17秒
返信・引用 編集済
  二輪車以外通行出来ないとあるけど歩いて通りました?駄目ですか?ここを通らないとバスに間に合わない!遅刻する~
 

ツボにはまる

 投稿者:風太郎  投稿日:2016年12月15日(木)22時51分58秒
返信・引用
  先に書き込んだ検診ネタ
外来診察待合にて待機中の話である。やたらと診察待ちの患者さんが多く、老いも若きも男性ばかりであった。そんな中に車いすの年配の女性(A)、それを押す年配の女性(B)!この二人の会話が風太郎の耳に入ってくる。
A:「今日はなんだか男の人ばっぱりやねぇ~」
B:「たまたまやわいね」(金沢弁)
風太郎:心の中で「上手い!座布団三枚持って来てー」と自分の深刻な病状を忘れてしまった一瞬でした。会話をしていた2人は何ともない顔でどこかへ・・・・。
 

それでもオチをつけるか?

 投稿者:風太郎  投稿日:2016年10月 5日(水)23時02分37秒
返信・引用
  以前の部下から近況電話!
「人生初の空き巣に入られました!」
「土足で入っているから警察の鑑識の人には外人だと思うといいました!」←空き巣にそれは通用するのか?
仕事後に軽く一杯ひっかけて帰ったら家の中が大変なことになっていたとのこと
盗まれたものは結婚指輪と腕時計とのことであった
「結婚指輪は金属アレルギーだからしてません(笑)」←指輪の金属でアレルギーってなるのか?
「指輪と時計はとられたけど、かみさんの下着はとられてませんでした!(本人:爆笑)」←このオチが言いたさに電話してきた様です。本人はこのオチが気に入ったとのこと!
空き巣でよかったじゃん!強盗になったらまったく笑えない。
物騒な話でした。
 

まじめに検診受けましょう!

 投稿者:風太郎  投稿日:2016年 9月22日(木)23時30分46秒
返信・引用 編集済
  1月に健康診断→2月だったか受診結果の通知あり→3月に再検査受診
再検査内容:血圧が高めになっているためか動脈硬化の疑いがあるとのことでエコーにて頸動脈・内臓動脈の検査+オプションで肝臓のエコーも追加 再検査部分は無料 オプションは3,000円)
薄暗い検査室で検査部分にジェルを塗られ入念な検査?腎臓に詳細不明ですが丸いものが写っているとのことで再度検査となる。栄養指導も受けるが、この病院の名物栄養士のようで風太郎と栄養士との言葉のやり取りが聞こえていた看護師は笑みをを浮かべながら何やら説明してくれた。
「ん~、また検査かぁ~、この際ちゃんと受けとくかぁ~」「内視鏡は何ともなかったんだけどぉ~」
そんなこんなで4月に再度検査?CT検査ののちドクターから診断結果→「検査の結果・・癌です!」とキッパリ!
そこからはハッキリと覚えていませんが、ドクターの説明が淡々とあり「のう胞性腎がん」とのことでした。腎摘手術(右腎全摘)とのこと?部分摘出で対応できないのかとも確認するが全摘しかないような話しか聞けず?風太郎の入っていた保険でセカンドオピニオンがうけられるとのことが分かったためセカンドオピニオンを受ける事とした?重粒子線治療・手術による治療と2か所のセカンドオピニオンを受けました。同じエリアでセカンドオピニオンを受けるとセカンドオピニオンの意味が薄れると思い、わざわざ東京でのセカンドオピニオンとなりました。結果として手術が良いとの話になり、部分摘出でいけるとも思えるが実際に幹部を見て最終決断になるとのことでした。
術後の検診も必要になることから最初に受診した病院とは関係を良好に保っておくことは必要です。セカンドオピニオンの結果をもとに術式をドクターと話し合い、部分摘出で進めダメであれば全摘に切り替える事としました。(摘出したものは後で実物と写真にて見せてもらうこととした) 手術日を決め、保険会社に必要書類の請求・限度額適用認定証の手続き・入院時に必要な書類の作成を行う。
6月1日に入院・6月2日に手術台に乗ってから起こされるまで丁度4時間の手術でした。一晩リカバリールームで過ごしたが、ネブライザー付きの酸素マスクでベタつき不快感から酸素マスクをずらしているとサチュレーションが下がるらしく、看護師の方から「我慢してマスクつけてくださいな」と優しく注意を受けました。翌朝に若い女性看護師の方から全身の清拭を受けるも、やはり下半身は抵抗がありました。術後の翌朝でしたが食事ができるとのこと。重湯?味噌汁?オレンジジュース?だったと記憶してます。ベッド上で起こされて食事となりましたが、おなかがすいていたため急いで食べたら気持ち悪くなりナースコールでSOS ベッドをたおされ事なきをえました。
背中より硬膜外麻酔をしているため麻酔科のドクターが状況確認!
病室に移りベッドのエアーマットを通常のマットレスに替えるとのことで立つことを求められる.
介助されながら立ち上がったが、ふらつきはあった。
そのあとはベッド上での点滴
入院中の楽しみは看護師との会話・院内徘徊・院内図書館・食事・尿観察
術後に投薬治療などはあるのかを確認したところ、エビデンスのないことはやらないとのこと
13日目に退院となる。車を運転したが揺れると術部が不安であった
退院一週間は在宅療養(健康であることのありがたさを感じる)
9月8日に術後の検診でCT検査?術後の経過は今のところ問題ないが、胆石ができているとのこと
以前は唾石ができた!金は貯まらんが石は貯まるらしい!とほほほほ
12月にも検査となる為様子見ましょうとなる。
2人に1人が癌になるとのこと・・・・
本当に健康ってありがたいもんです!

介助

 

お正月

 投稿者:風太郎  投稿日:2016年 1月 3日(日)21時17分45秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。初詣以外は食べる量がいつもより多いといった感じの新年です。 あと少しで襷をつなげなかった箱根駅伝を見ていると涙腺が緩んでくるのは年のせいか?打ち込んでいる姿ってかっこいいさ!順位はついちゃうんだろうが、みんな早いぞ!
明日から仕事 がんばるぞぉ~
 

唾石が~

 投稿者:風太郎  投稿日:2014年 9月28日(日)12時16分34秒
返信・引用 編集済
  舌の裏側(付け根)にボッコリと硬いふくらみが・・・・。そのうちに小さくなるかと思ったが小さくなるどころか大きくなっている様だし、顎下腺辺りを押さえると不味い白濁した唾のようなものがでてくる様になった。何だろう?ネットで調べてみたら顎下腺唾石症?
何じゃそれ?とにかく口腔外科のあるところへ。ネットではレントゲンだけでなくCTも撮影するようだったのでそれなりの規模の病院へ。
やはり唾石症との診断となったが、大きいため全身麻酔の手術になるとの説明あり。
ドクターの人数の都合で大学病院で手術受けてくださいといわれる。
口腔内の切開でとりきれない場合は外側から切開し、顎下腺ごと取り出すことになるとの事前説明を受けて手術となりました。
行いがよいのか唾石は硬いものであったため、口腔内切開だけで取り出せ時間も約1.5時間で終了。顎下腺ごと取り出すことになれば3時間以上かかるようです。
無事におわり口の中の膨らみもなくなりスッキリ! 抜糸の際にまた出来るかもねとのことでした。
 

本当は何枚?

 投稿者:風太郎  投稿日:2013年12月30日(月)15時26分15秒
返信・引用 編集済
  12月19日
仕事で能登半島にお出かけ!天気はよくなかったが平日ということもあり車も少なく気楽に運転。朝、時間があったから珠洲市から輪島までチョイと移動し一仕事。ここまで来たから千枚田横の道の駅で一休み。「本当は何枚の田んぼがあるんだろう?」「数えるのが面倒だから帰ってからネットで調べよう」「せっまい田んぼが沢山だから千枚田?」などと、くだらない事考えながらの能登での仕事。夏も良いがこの季節の能登の景色もなかなかでした。調べたら1,004枚らしいです。
 

レンタル掲示板
/29